知っておきたい物流用倉庫のサービス内容

物流業界においてどのような倉庫を利用するかで、業務の状況にも大きな違いが出てくる事になります。倉庫の広さや屋根までの高さなどの保管効率をはじめ作業を行うヤードの確保は実際の現場を見学することで判断は可能になります。実際に物流業の保管場所で行われているサービスの内容に関しては企業のホームページやパンフレットなどで活字では理解ができるものの現場で行われている保管方法や荷役作業全般や事務所などで行われている入出庫や作業料などの内容などを知る事はなかなか難しい事になります。現場の確認や担当者の話を聞いてもどこまでが信頼できるのかがわからない事もありますが、いくつかのポイントを抑える事で良いサービスを行っている企業かどうかの判断材料にもなります。

正確な保管と製品の品質を守る管理体制

物流業界において重要な事のひとつに製品の品質管理があります。これは倉庫における製品の保管状況がどのような状況にあるかが大切な見極めのポイントにもなります。まず自社の製品がどのように保管をされるかを確認する上で重要な部分は空調管理になります。空調が特に影響をしない製品であれば問題はありませんが、扱う製品によっては扉の開閉も極力控える事になるので、季節によっては温度や湿度の管理が難しくなります。空調整理をしっかりとおこなっている保管場所であれば、大抵の製品に対する保管状況はクリアになると考えられます。製品の保管方法がパレット積みなのか直置きなのかという点や製品によっては高積みが難しいのであれば、ラック式の保管場所が有益になります。また、パレットも製品によっては木製パレットよりもプラスチックパレットを使用していないと臭いや虫などの問題にもつながりますので事前に確認をしておくことが大切になります。これらのサービスができている保管場所であれば、建物に関しては問題ないと考えられます。

入出庫やピッキング作業をはじめとした荷役作業に対する実績

いくら保管場所の状況が良いと判断できても、実際に現場や事務所で働いている職員の信頼性に疑問があるようでは、安心をして自社の製品を任せる事はできません。製品の性質にもよりますが、物流業界であれば当然の生産ロットに関する保管状態や先入先出しの原則を守っている保管場所であるかという点や、自社から出荷に関する伝えた事が事務所から現場へしっかりと伝わっているかなどを確認する必要があります。実績や信頼のある保管場所では、現場作業を行う職員のフォークリフトの運転技術はもちろんの事ですが、事務所からの適切な指示が行われる事でより円滑に荷役作業をすすめる傾向があります。また、日々の作業効率の良さは、絶対にさけるべき製品を間違えて納品してしまうというような状況を現場と事務所の双方で確認をしている事にもつながりますので、信頼ができる保管場所としてのサービスを提供してくれると判断をする事ができます。