物流用倉庫のレンタル費用や経費について

物流関連の仕事をしている企業の場合、取り扱っている商品を保管・管理する場所が必要になります。場所としては倉庫としての取り扱いができる場所が望ましいのですが、企業の場所や商品の種類によってはなかなか保管・管理する場所を確保できないということもあるようです。そんな時に便利なのが倉庫のレンタルサービスで、一般の人が気軽に利用する事ができるものもあれば物流用の規模の大きいスペースをレンタルする事ができる専用のサービスも用意されています。これを利用することによって安心して商品の保管・管理をする事ができるのですが、利用する前に考えておかなければいけないのがレンタル費用や諸経費などのコスト面です。それによっては自分たちで用意した方がいいと言う場合もあるので、必ず検討するべき項目として考える必要があります。

物流用倉庫のレンタル費用はどのくらい?

まずレンタル費用としてはどの程度かかるのかと言うところなのですが、まずどの程度の広さが必要になってくるのか・どのような設備や条件のものを利用したいのかによってかかってくる費用は大きく異なります。そのためシンプルなものであれば安くても75万円から利用する事ができるというものもありますし、立地が良かったりある程度の広さがある・設備が充実しているなど条件がよいものになれば100万円から200万円の費用がかかってくるものもあります。ただしレンタル費用を節約したいと考えても、まずは取り扱っている商品の安全性を確保する事が出来るかどうかというところを優先する必要があります。そのため安いところを探すと言う事ではなく、取り扱っている商品の安全性が保証できるところを探すということが重要になります。

物流倉庫をレンタルした場合の経費

一般的に自社で商品を取り扱うようにした場合にかかってくる経費としては、内部での業務に関する人件費を初めとして検品・入庫・仕分け・流通加工・出庫・配送手配などの費用がかかってきます。ひとつひとつの業務が非常に重要視されているため、商品によってはコストが非常にかかる場合もあります。レンタルサービスを利用した場合にも同じような経費がかかってくるのですが、それらは全てレンタル料金の中に含まれているというメリットがあります。レンタル業者によってはどこまでサービスで対応してもらえるのかが異なっているのですが、レンタル料金の中に経費が含まれている場合は人件費などを削減する事ができるので結果的にコストカットに繋がると言う場合もあります。特に規模の大きいサービスを取り扱っていると言う場合は、レンタルを利用する方がコストカットにつながりやすいためメリットも大きいと言われているのです。