物流用倉庫の探し方と選び方まとめ

物流用倉庫を選ぶことはスムーズな物流を確保するためにも大変重要なテーマであり、会社の経営の根幹にもかかわるほどのテーマです。一度決めてしまうと当初の思惑と違っていたような場合、他に変えるにしてもその移転のためには莫大な経費や労力、時間を費やすことにもなりかねません。選ぶ際にはまず自社のニーズがどのようなところにあるのかを徹底的に洗い出し、そのようなニーズに合ったサービスを提供している物流会社を選ぶことが重要です。さらに倉庫にも様々な種類が存在し、用途によって選択すべきタイプや仕様は全く異なります。自社のニーズがはっきりしたら、今度はそのようなニーズを満たしてくれる物流会社を探し出して絞り込んでいきます。そのための重要なポイントを次に見ていきます。

自社のニーズを探るとともに必要なタイプを見極める

まず自社のニーズを探る際にはどんな商品や製品を保管する必要があるのかという点です。それは常温で大丈夫な商品なのか、あるいは冷蔵や冷凍が必要な物かどうかといった点になります。これによって選択すべきタイプも異なります。普通のタイプは常温で保管可能な物を取り扱うことを目的としており、日用品や雑貨、家電製品など非常に多岐にわたります。冷蔵用のタイプは10度以下に温度設定が必要な物を保管し、生鮮食品や加工食品で冷蔵や冷凍が必要な物を取り扱います。さらに水面倉庫は木材などを保管しておくタイプとなります。次にどれくらいの量を保管する必要があるのかという点です。これは季節性の商品を扱うアパレルや商品サイクルの変化の激しい製品など、自社の販売戦略にも関係してくるテーマでもあります。この物量の違いによって、大量に保管できるタイプか、あるいは少量でも取扱い可能なタイプを選ぶべきかが異なってきます。また、料金システムも固定料金制のほうが割安になる場合や入庫量や出庫量によって料金が変化するシステムなど選ぶべき料金体系が異なります。

実際にはどのように探したり、選べばいいのか

保管が必要な種類や物量を特定し、必要なタイプがわかったら今度は実際の倉庫の探し方や選び方になります。探し方については不動産会社やインターネットで見つけた会社に直接問い合せてもいいですが、最近では検索サイトで探す方法が便利です。借りたいエリアをカバーする会社から相見積りを提出してもらい、絞り込みが始まります。その際には選び方にいくつかのポイントがあります。まず、保管したい物に最適な環境が整っている会社かどうかです。入庫量や出庫量が時期によって変動するような場合は柔軟に対応してくれ、さらに料金システムの面でも対応できている会社かどうかもポイントになってきます。空調システムや照明についても保管する物に合った施設になっているかもチェックポイントとなります。合わせてセキュリティー面についても見学時に確認しておきましょう。最後になりますが、選ぶ際にはその会社の実績や評判はもちろんのこと、財務面で健全性が保たれているかもポイントになります。しっかりとした会社の経営理念を持ち、管理体制までしっかりとした会社を選ぶようにします。

アパレル物流20年の実績により、専門性の高いサービスを実現しております。 撮影についてはページで記載しております。 発送業務のお悩みも解決!様々なサービスで販売力のサポートをします。ワンストップでご依頼頂くことで、お客様のコスト削減を実現可能に致します。 物流だけではなく、撮影やWEB制作等ワンストップでご依頼頂けます。 量販店向け出荷代行サービス。 輸出入で必要な通関業者をご紹介可能です。 【物流サービス】倉庫も各地で安心!